小ネタ書き散らし用。


by SSS-in-Black

【100-36】船出


人生は、大きく転換する。
常に、転回の危機を孕んでいる。


「早くお逃げなさい、×××!」


運命は、大きく揺さぶられる。
常に、崩壊の予兆を察している。


「貴女は悪くないのよ! だから、お逃げなさい!」


世界は、大きく展開する。
常に、終末の時期を望んでいる。


「×××! さあ、貴女なら、ここから、出られる、から…!」


彼女は、信じることが、できなかった。


「さあ、早く、はやく…!」


嗚呼、なんてキレイな色をしているのだろう。


「逃げてちょうだい、×××…!」


なんてキレイな、赤なのだろう。


「私の、ことなんか、忘れて頂戴…!」


夕日、業火、血溜まり、お母様のドレス。


「×××…」


その赤は、彼女の意識を浸食してゆく。


「逃げ…て…」


嗚呼、なんてキレイな、滅びの色をしているのだろう。


「あ…あぁ…」


白い母親の顔を過ぎるように流れる、一本の血の筋さえ、愛おしい。


「×…××…ね、にげ…」


ぽちゃり。


「…」


代わりに、聞こえてきたのは、軍靴が荒々しく床を踏み、蹂躙してゆく音。


「 」


硝子が割れた、きっと二階の子供部屋で――私を、探しているのだ。




そう気づいた瞬間、漸く、彼女は叫ぶことを思い出した。




警鐘のように木霊する声を受け止めるのは、誰であろうか。


「 」
「 」
「 」
「 」


聞こえる会話も、近づいてくる会話も、聞こえない。


「!」


突然、背後にあった抜け道へと繋がるクローゼットが開く。


「早く!」


幼い頃、悪戯で兄とここで遊んだら、いつもは優しい母に酷く怒られた。


「ねえ、君! 早くしないと、早く逃げないと!」


母が取り乱した姿を見たのは、その時と、今日だけであった。


「ほら!」


ああ、そこへ入ったら、またお母様に怒られてしまうわ。


「 」
「 」


そうでしょう、お兄様…二階にいらっしゃるはずの、お兄様…。


「…っ!」


細い身体に、衝撃が走った。
そのまま少女は、臨界点を突破した意識を、手放した。




















「…はい、恐らく貴方の言っていた少女を。…ええ、ええ。…」


翠の海を、その船は滑るように走っていた。


「今は、気を失っています。…目覚めるか否かは、わかりませんが」
(…目覚めてもらわないと、困るのはメイカ、お前だぞ?)
「それでも構いませんよ。…一体この子に、何をさせようとするのですか」


青年はその舵を取りながら、どこからともなく聞こえてくる上司の声に応答していた。


(私にも解らない。…刻がくれば、きっと彼女自身が気づくだろう)
「…」
(兎に角、一度帰ってきてくれ。話はそれから、ゆっくりしよう)
「…了解」


そう言って、彼は静寂そのものとなった翠の海を、駆けるのであった。





+ + + + +


予定狂いました、すんません。
ちょっとササミのターンは放置。というより、一旦休憩に。

ちまちまこちらも進めていきます。
[PR]
by SSS-in-Black | 2009-02-26 16:02 | 【100 title】