小ネタ書き散らし用。


by SSS-in-Black

<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

【100-26】生死

そこに、ある義兄妹がいた。


「また夢を見たのかい?」

「…」

「また、人が死んで、殺される夢?」

「…」

「平気だって、お前は悪くなんかないんだから」

「…だって」

「だってじゃない。あれは話を聞く限り、悪かったのは世間の方だろう? 普通、弱い立場の者は守らなくちゃいけないんだから。師匠だって、毎日のように言ってるだろ?」

「でも…」

「でも、でもない。ほら、こんなことしてたら、師匠が帰ってきちゃった…おかえりなさい」

「ただいま、二人とも…サイレスは、また夢を?」

「そう。だから今こうやって、側にいてあげてるんだけどね」

「…師匠、やっぱり、怖いから、側で寝かせて」

「おやおや、スザク兄さんじゃ不安ですか?」

「そうじゃなくて…落ち着けるから」

「僕じゃ落ち着けないの?」

「…風君が、凄焔のこと、怖がってる…よく、わからないけど」

「成程、サイレスがそう言うならば、そうなんでしょうね。わかりましたよ」

「…師匠ってサイレスには甘いよな」

「そんな事はありませんよ、二人とも大好きですから」

「…ねえ、師匠」

「? 今度は何ですか、サイレス」

「もし私達が無事に『十二使徒』になれたら、やっぱり、戦わなきゃいけないの?」

「いえ、そういうわけでは…でも、大半の使徒は、戦いに借り出されますね」

「…私、嫌だな」

「仕方ないだろ、僕だって嫌さ…でも、仕方ないんだ。居場所はここにしか残されてないんだから」

「…自分の居場所のために、他人の生死を決めなくちゃいけないなんて…」

「…まあ、この話はこれくらいにして、寝ましょうか。今日の疲れを、明日に残さないためにも」

「だね…じゃあ、僕は向こうで…って、裾、引っ張るなよ」

「…あにうえ、も、一緒がいい…暖かいから」

「…わからない奴」

「ふふふ…それでは、おやすみなさい」

「おやすみ」

「おやすみ、なさい」



「おやすみなさい、今は、よい夢を──他人の生死を決めるような立場になるまでは、よい夢を」





+ + + + +

【夢】…出身地の村にて、人を殺してしまった事実に基づいた夢。サイレスの精神的外傷となっている。

【師匠】…アブドル・アルハザドのこと。スザクとサイレスの二人は彼の元、『十二使徒候補生』としての修行を積んでいる。

【風君と凄焔】…属性やその理、精霊としての立場よりも、むしろ何らかの『予感』により、風君は凄焔を恐れているようだ。


やっと繋げました。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-28 23:58 | 【100 title】

【100-25】記憶

そこに、ある巨狼がいた。

巨狼は、自分の恩人である少女に言った。


「ムスメ、オマエハ、ショウカンシ、カ?」

「しょーかんし…?」

「タスケテクレタレイトシテ、ケイヤクヲムスビタイ。ソウスレバ、イツデモオマエヲタスケルコトガデキル」

「助ける…もしかして、カゼキミみたいに?」

「サッキノツメタサトハチガウガ、タスケル、ヤクソクスル」

「たすける、やくそく…それが、けいやく?」

「アア…!」


何の前触れもなく、巨狼は跳躍し、少女の背中側に回った。

雪が埃のように浮かびあがり、視界は吹雪とそれらとで、更に白く染まる。

それからだ、彼女が異変に気付いたのは。


「あそこに倒れているのは…血っ!?」

「あいつだ、あの白い奴にも、血が!」


大人の男が、二人。

ざくざくざくと雪を切り裂き、近付いてくる。

巨狼は威嚇の唸りを上げ、牙を剥き出し、毛を逆立てた。


「おい、この子…村長の息子だぞ!」


少女はそれを聞いて、思わず息をのむと同時に、声が出てしまった。

あの比較的裕福でいて、少女をないがしろにし、いじめていた中心人物。

それが村長の息子であり、あの出血量では、もう──。


「おい、何をしている、こんなところで!」

「お前…あの貧乏人の娘じゃないか、お前が殺したのか!?」

「ち、ちが…」

「こんな魔獣にしがみついて、血まみれの…まるで『私が殺しました』とでも言っているようじゃないか!」

「おい、こっちへこい、これは犯罪だ!」


嫌だ。


いやだ。


イヤダ──!


「な、今度は…がぁっ!」


血溜りがが、もう、ひとつ。


「うわあぁぁぁぁぁっ!」


モウ、ヒトツ。

見下ろすのは、巨大な竜。

そして知らぬうちに、もう、一人。


「殺したわね」

「…」

「仕方のないことだわ、馬鹿は死ぬのが自然の理よ」

「…え?」

「──貴女、名前は?」


黒髪の少女は、問いに、問う。


「わたしの、名前は──」


彼女の名前は、サイレスといった。





+ + + + +


【巨狼】…名前は駆凌(クリョウ)、白い毛皮に青い目の巨大な狼。大地を猛スピードで駆けてゆく。

【サイレス】…黒髪黒瞳、色白で小柄、痩身の少女。エルフの血が僅かに流れる、臆病で寂しがり屋の四歳。


さりげなく、お題、四分の一を突破しましたね。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-28 23:31 | 【100 title】

【100-24】運命

そこに、ある少女がいた。


少女は、ふたふたと、雪の中を歩いていた。

背の低い、そのぎりぎり膝下まで、雪は積もっている。

貧しい彼女の、精一杯の防寒具は、継ぎ接ぎだらけの手袋、ブーツ、それにコート。

フードを深く被り直し、改めて、前へ前へと進んでゆく。


ふと、朱が見えた。

白に広がってゆく朱と、毛皮と、白い何者か。


雪に染みてゆく血と、倒れている子供と、白い巨狼。


少女は小さく声をあげた、怖じ気付いた。

当たり前だ、身の丈の優に三倍はある相手が、いるのだ。

右の前足は、色鮮やかな緋色に彩られ──いや、もう一ヶ所。


「…けが、してる」


ざくり、ざくり。

足元が、白から、朱へ。

倒れている子供は、頭を朱に染め。

それには何も触れず、少女は、前へ。

巨狼はさっと身構える、頭を垂れて、体を縮めて、バネのように。


「右の、目…血が出てる」


少女は手袋を外し、傷口に手を当てた。

熱をもっている、それが魔獣の体内で暴走している。

──熱があるならば、直に冷やせばいい。

途端、掌の内が急激に冷え始め、熱を吸収していく。

呼応するように、巨狼の血走った左目も、落ち着きを取り戻していく。


数分の後、右目の傷は塞がれ、左目は澄んだ青に戻った。


「…アリガトウ」

「え? 今のは、あなた?」

「アア、ソウダ、ムスメヨ」


先ほどまではあんなに暴れていた魔獣が、今では頬を摺り寄せ、感謝の意を示している。

くすぐったく、やわらかく、なによりもやさしい、ケモノのにおい。

人よりも心を震わせ、温かく、何よりも優しい、人ではない存在。


幾重にも連なった、運命の刻は、もうすぐ、そこまで。





+ + + + +


【急激に冷え始め】…風君が吹雪を小規模に、しかし強烈に起こした結果。自然のものとは比べ物にならない程の冷気が発生する。


げ、まさかの三本立てだ。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-28 23:30 | 【100 title】

【100-23】共鳴

そこに、ある少女がいた。

少女は寒い、雪国にいた。


銀色の世界に、容赦は無かった。

冷たい世界に、彼女は生きていた。


ある日、彼女は近くの凍りついた川で、それに出会った。

それは、吹き荒ぶ風であった。

氷を纏った、巨竜であった。


『今にこの辺りは、魔獣に襲われるでしょう』

「ま、じゅ、う…?」

『それは巨大な銀色の狼です、痛みに我を失って、暴れています』

「キケン、なの?」

『貴女を、そう、私は貴女を主と選びました。さあ、私の力を使ってください』

「わたしの、チカラ…どうやって? わたしに、できるの?」

『ええ、私の名前は風君(カザキミ)…風を司る竜』


竜は一陣の粉雪と化し、少女の胸元へと向かう。

冷たさを通り越して、それはとても熱かった。

何故、苦しいのか、理由は、わからなかった。


彼女の両親は健在だ、しかし元気ではない。

父親など、狩りを出来ぬほど、弱っている。

すべてはこの雪のせい、閉ざされた世界は開かない。

祖父の集めた珍しい書物も、売りに行くことは出来ない。

病の父と疲れた母、育つのは、ひ弱な子供。

弱い者は置いていかれる、少女はいつも、仲間外れ。

彼女の存在は、生きる人々には、正ではなく、負だ。


わからない、苦しいのはこの自然のせいだ。

しかし今、彼女は自然と共鳴している。

しかも、自分を除け者にした存在を、守れといわれている。

わからない、幼すぎる少女には。


「…いか、なきゃ…」





+ + + + +


【雪国】…ヒューザベルズと呼ばれる国のこと。その最北端のとある村での出来事である。

【風君】…風を操る巨竜、蛇のような胴体に一対の羽を生やしている。『風』に関わるものなら大抵は操れる。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-28 23:30 | 【100 title】

【100-22】幻想

そこに、ある少年がいた。

少年は、駆けていた。

街外れから、中央部まで。

見えてきた景色に、果たして、魔獣は──いない。

しかしその直後、街人の頬をかするかのように、幾つもの棘針が降り注ぐ。

見上げた空より、魔獣は落ちてきた。


紅い頭髪、蒼い瞳は、人間の顔によく似ていた。

ただしその歯は幾重にも、首から下は獅子の体。

針は尾より生えていた、まるで棘の付いた鉄球のように。

鳴き声は音律の外れたラッパの如く、ただけたたましく騒がしい。

だらりと開けられた口から流れ出るのは、無数の呪いが形を成した毒。


少年は、静かに身構えた。

誰から教わったわけでもない言葉が、溢れてくる。

呪いには呪いを、棘針には棘針を。


「…ゆけ、撃て──!」


彼の目の前に展開した魔法陣。

それに組み込まれた無数の円が、各々の中心より炎の針を生みだし、飛ばす。

落下中というのは無防備であり、魔獣は幾度も幾度も体を呪文に貫かれた。

柔らかい腹に走る炎熱地獄、それらは髪にも燃え移り、広がってゆく。


魔獣は地面にたどり着くと同時に、再び宙へと逃げた。

炎の追撃をかわしきれずに、しかし逃げてゆく。


ぺたり、と、紅い魔法陣が消えてゆく中、少年は座り込む。

爆発にも似た衝動が、体内に駆け巡っている。

心臓が、今までにない勢いで、血を動かしている。

様々な幻想が、幻影が、幾重にも渦巻いている。

弱い心身に、この熱さは、辛すぎる。

どうにかなってしまいそうな、中。


「熱いのならば、冷ませばいいわ」


いつの間にか、水がかけられていた。

じゅう、と砂の大地に染み込む。

または、少年の熱に、昇華してゆく。


「さて──貴方、名前は?」


黒髪の少女は、問う。


「僕の、名前は──」


彼の名前は、スザクといった。





+ + + + +

【魔獣】…型としての名はマンティコラ。事ある事に人を食う、最も恐れられる魔獣の一種。

【黒髪の少女】…不思議な衣服を身に纏う、十代なかばの少女。詳細は不明。

【スザク】…黒髪黒瞳だったが、凄焔が宿った事により朱瞳に。狐の半獣人で体が弱く、気も弱いが芯はしっかりとしている十三歳。


わかった人はこれで繋がりがわかるはず。
真昼のカオス部屋メンバーくらいしかいませんが(あちゃー)。
もう一つの話は明日にでも。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-27 23:40 | 【100 title】

【100-21】久遠

そこに、ある少年がいた。

少年は暑い、砂国にいた。


褐色の世界に、情けは無かった。

蒸した世界に、少年は生きていた。


ある日、少年は近くの泉で、それに出会った。

それは、燃え盛る炎であった。

炎を纏った、大鳥であった。


『今にこの街は、魔獣に襲われるだろう』

「魔獣…まさか」

『砂漠の街を次々に襲っている魔獣だ。それが毒を撒き散らしながら、近づいてきている』

「どうすれば…!」

『少年よ、我は汝を主と選んだ。さあ、我が力を使役するがよい、少年よ』

「使役…貴方は、精霊…?」

『左様、我が名は凄焔(セイエン)…炎の鳥なり!』


鳥は陽炎のようにその姿を揺らがせ、少年の胸元へと飛込む。

焼けるような痛みに耐えながら、目は開けたままにしていた。

そう、嬉しかったのだ。


少年は、魔術師の一族の者であった。

しかし彼は、いつまで経っても精霊を得る事が無かった。

姿を見掛けることすら叶わず、魔術もろくに扱えず。

気が付けば、後に生まれた弟達が、見えざるモノと戯れている。


永遠かと思われた劣等感が、炎に焼かれる。

やがて全てが落ち着くと、少年は駆け出していた、心のままに。

今までは感じることの出来なかった『気配』が、ひしひしと伝わってきた。

そう、それは、魔の気配。


「街の真ん中を目指してる…!」





+ + + + +


【砂国】…ザジャフスと呼ばれる国のこと。砂漠の国であり、傭兵業が盛ん。

【凄焔】…炎の翼を持った巨大な鳥の精霊。その怒りは全てを灰塵へ還すとされている。
【魔獣】…獣が魔に捕われ、変質した存在。人の姿をとることができる個体もいるが、大半は有害。


閑話休題。
しかしまあ、伸びてます。
これの後半プラス、同じ長さの話がもう一つ。
計四話、先は長すぎるぞ。
ちなみに世界観は今までの話と同じで、時代はほんの少し前(月単位)です。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-27 23:28 | 【100 title】

【100-20】表情

そこに、ある旅人がいた。


「さっきクレオが向かった部屋の反対側に、物置部屋がある。狭いが綺麗にはしてあるし、何もないから、使いたかったら使うといい」

「わかりました、ありがとうございます」


メイザスはそう、ガロに返事をする。

少ない荷物と、フィフィを伴い、階段を上る。

勿論、彼はクレオよりも重い。階段もまた、軋みを止められない。

上がった先の廊下もそう、やはりぎしぎしと、音が──くぐもっている。

目的の部屋、その前に、立派な体格の男が一人。

どちらかといえば華奢なメイザスと比べれば、尚更だ。


「…あの」

「…」

「…もしや、レオン・ファルフェイ殿、ですか?」

「!」


物思いに耽ってしまっていたのだろうか。

名前を呼ばれ、レオンはようやく我に帰る。


「失礼──泊まられますか?」

「はい、メイザスと申します」


と、同時に。

外開きの扉が、軽く軋んで、一人の子供を部屋から吐き出す。

クレオだ。


「あ、旅人さん…物置部屋に泊まるのかい?」

「ええ、とにかく今日はそうさせていただきますよ、慣れない土地ですしね」

「旅人? …道理で、見掛けない顔だと思ったら。あの森を抜けてきたんですかい?」

「はい、途中でクレオと、アブドルに会いまして」

「途中、っつー事は、そこまでは一人で抜けてきたのか! 大したヤツだ」


レオンが大声をあげる。

それと反応するかのように、扉が、びくんっ、と動く。


「…!」


動かしたのは、部屋にいた、少年。

僅かに覗く顔の、不安と憂いと喜びとを、見て。


「貴方は…!」


メイザスは知らず知らずのうちに、駆け寄る。

少年は身を一瞬固くしたが、しかし、不思議な感覚に陥る。

瞳を通じて見た姿は、見覚えがあるような、安堵できるような──。


「あなた、は…」


カナデなのか、と。

旅人は確かに、その名前を口にした。





+ + + + +


【カナデ】…メイザスの大切な人の名前。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-27 22:32 | 【100 title】

【100-19】探求

そこに、ある疑惑があった。


(あの色の瞳は、間違いないな…)


扉一枚隔てれば、そこにあるのは宴会場。

とはいえども、粗末な酒と肴しかない、暖もない。

冷たい石畳が剥き出しになった、そんな場所。

それでも面々は騒ぎを続ける、今日と明日の無事を祈りつつ。


(しかし何故、あんな場所に?)


騒ぎの主役の筈である男、レオン。

レジスタンスの首領である彼は、武術だけではなく、策謀もまた得意であった。

今日の襲撃も、元はといえば裏切り者の排除のため。


神国の中枢部、人形に使える唯一の人間達である、『十二使徒』。

そのうち『獅子』は、何を隠そう、レオンの事である。

あちらでの名前はガリレオ、『峡谷の獅子』。

問題の裏切り者が通じていたのは、『双魚』のディーバという女。

『魔性の歌姫』…男を魅了し、布の代わりに思いで繋ぎ止め、即ち手駒として使い棄てる。

金に目がくらんだのか、魅せられたのか、わからないが──秘密を漏らされたら、困る。

そうこうするうち、裏切り行為だけではなく、レジスタンスの存亡に関わる取引を、情報の売買を、していたとなれば。

拠点となった店ごと、壊さなければ、ならない。


(あの子供は、『星薙の一族』の者)


まるで硝子を埋め込んだかのような、白に近い灰色の瞳。

まさに、水銀を塗る前の鏡の有り様。


(男だとは言えども、流石にあのような場所へ売り払うなど、あのような失われつつある血筋が…)


何故だ。

減りつつある子孫を、更に減らすような真似をするなんて。


(これは、調べる必要がある…あの子供から、聞き出さねばならない)


『星薙の一族』は、それほどの、切札となりうるのだから。





+ + + + +


【十二使徒】…黄道十二宮の称号を各々が冠する、神に使える人間達の集団。特定の刺青を体のどこかにいれている。

【『獅子』のガリレオ】…レオンと、その偽名。情報収集のために所属している。

【『双魚』のディーバ】…妖艶な美女。他者を魅了する魔術を歌に乗せて戦い、操る。


捏造歴史。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-27 22:03 | 【100 title】

【100-18】願望

そこに、ある鏡があった。

鏡は常に真を映すものであった。


昔々、ある国に、他人を信じられない男がいた。

騙されるのが怖くて、男は部屋に閉じ籠ってばかりだった。

そのため、男は希望や未来というものを捨ててしまった。


ある日、男の妹が、鏡を彼にもってきた。

旅の商人より買ったそれは、美しく澄んでいた。

男は鏡に映る自分の顔を見て、絶望した。


瞳に光が無いことに、気付いてしまった。


それは他人を恐れるせいか、わからないが。

男はあまりに醜悪な、そして愚かな瞳を呪った。

まるで希望も未来もない、自分自身を代弁するかのような、濁った瞳。


やがて男は狂ってしまった。


自分を陥れる他人が悪いのか、他人を恐れる自分が悪いのか。

騙し合いによる日々が悪いのか、日々を造り出す何者かが悪いのか。


ヒカリを、光を、我が瞳に、神よ。


忘れたはずであった神への祈りを毎日欠かさず天に捧げても、神を誉め称える言葉を唱えても。

他人を受け入れようとしても、外で太陽の光を浴びても、男の願望は叶わなかった。


絶望の縁に立たされたまま、ついに男は鏡を叩き割った。

割れた鏡の欠片が飛び散り、いくつかは男の瞳に突き刺さった。


それからなのだという。

鏡のように、万物の実相を映す、不思議な瞳を持つ人々が現れたのは。

鏡を割った愚かな男の子孫、『星薙の一族』は、現在、ほんの僅かしかいないのだという──。





+ + + + +

【鏡】…正式名称は『星薙鏡(せいていきょう)』というらしい。何か強大な力を秘めた一品だったのではないかという噂もある。

【男】…『星薙の愚者』とも呼ばれる。ただ一枚の鏡によって狂い暴走した者。

【妹】…『星薙の聖者』とも呼ばれる。ただ一枚の鏡によって奇跡を生み出した者。

【星薙の一族】…ほしなぎのいちぞく。女尊男卑の珍しい一族で、現在滅亡の危機にある。物の実相を見極める、言わば『鑑定』の能力を大半が持っている。

【星薙の物語】…神国に伝わる物語のひとつ。他人を信じることについてが述べられている。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-27 00:06 | 【100 title】

【100-17】悲鳴

そこに、ある窓があった。

沈黙の室内から、少年は星空を見上げる。

もう、誰にも束縛されずに、この夜空が見れる。


「星、好きなのかい?」


沈黙に耐えきれず、クレオは問う。

一方の少年は、破られた沈黙に短く返答する。


「好き」

「何故?」

「…汚れてない、から」


僕みたいに。

小さな言葉の断片は、空に呑み込まれる。

そして、再び舞い降りてくる、沈黙の洪水。





「では、私はこのあたりで」

「おう」


アブドルとガロの短い会話。

メイザスは入り口の方へと向き直る。


「今日は本当に助かりました、アブドル」

「いえいえ、こちらこそ」

「おいアブドル、土産だ。子供に持って帰ってやんな」

「…ありがとうございます」


子供? ──旅人は疑問に思う。

果たして人形が、子供を持てるのだろうか。


「預かっている子が二人いるんです…一人はまだこちらに来たばかりで、泣いてばかりで」


そう告げる、アブドルの軽い笑み。

メイザスはそれに、父親の面影を、感じた。





「…ねえ」

「! ──なんだい?」


少年が珍しく、口を開いた。

クレオからの会話は続かない。では、こちらはどうだろうか。


「笑い声が聞こえる…」

「ああ、あれは多分、うちの爺さんの」

「…笑う、か」


笑ったことなど、あっただろうか。

悲鳴を微笑で埋没できるだろうか。

この喉は、悲鳴を捨てきれるだろうか。

僕自身は、過去の束縛から放たれるのだろうか。


まだ、『商品』としての痛みは続いている。

白い服の、ゆったりとした袖から覗く青白い痣──。





+ + + + +


【悲鳴】…少年が今まで発してきていたもの。

【痣】…少年が自由となった今もとらわれているもの。
[PR]
by SSS-in-Black | 2006-12-25 06:44 | 【100 title】