小ネタ書き散らし用。


by SSS-in-Black

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【100-38】天空

少女は、目を覚ました。
薄ぼんやりした意識の中で、ここはどこだろう、と近くを見遣る。
天井の木目はかなり古いものらしく所々に傷があり、また寝台自体もあまり高価なものではなさそうだった。

「…ああ、目が覚めたんだ」

首を左側に動かせば、そこにはふんわりと笑う青年がいた。
この人は誰だろう、と記憶をまさぐった矢先に、彼女は現実を把握する。

「! あ、ああ、あ…!」

空気が入り込む。
次々に入り込むそれをどうしたらいいのか、少女にはわからなかった。
そして同時に、彼女の脳裏には矢継ぎ早に小さな光景が照らし出される。

突然の怒声。
蹴破られたドア。
玄関先の花瓶が床で割れる音。
使用人達の悲鳴。
形相を変えて部屋に飛び込んできた母。
少女を抱きかかえる白い腕。
忍び寄る武器を片手にした男達。
背後から袈裟がけにされた兄。
離れていった繋いだ手。
母の体を駆け抜けた衝撃。
もつれる足で滑り降りた階段。
古びた倉庫の奥の暖炉。
外へと延びていた抜け穴。
――真っ赤な、色。

狂いそうになる、その一歩手前。
吸い込みすぎた息が、景色を歪ませる。
それに対し、青年は即座に予め用意しておいた紙袋を口に当てさせた。

「落ち着いて、落ち着いて…」

奪われた呼吸手段と、青年の宥める声に呼応して。
最初は錯乱していたであろう様子が、徐々に落ち着きを取り戻してゆく。

「…ぁ、は…っ、ああ…」
「…」

生理的な涙と、感傷的な涙が流れる。
そこにいたのは、まだ世界を知らない少女。
――彼女にあまりに酷な運命を与えた、世界を憎む術すら知らないような子供。

「…辛かったら、まだ寝ててください。それとも、何か食べますか?」
「…」
「…大丈夫。君は、私が守るから」

――少女は小さな声で、ホットミルクが飲みたいです、と呟いた。
そしてその、まだ涙を溜めた瞳で、窓の向こうの空を眺めていた。





+ + + + +


今日はここまで。
[PR]
by SSS-in-Black | 2009-02-28 22:33 | 【etc.】

【100-37】深海

「戻ったか」
「はい」
「…例の彼女は?」
「ここにいますよ」

そう言ってようやく、彼――門番・ランパートは振り返ってこちらを見た。
そこにいたのは、まだ意識の戻っていない少女と、それを抱きかかえる青年の姿。
少女はフリルをたっぷり用いた、しかし洗練されてしつこくないデザインのドレスを着、青年は汚れた薄茶色の外套を纏っていた。

「…ご苦労」
「…」
「そして次の仕事だ」

疲れを癒す間もなく、次の仕事へ。
尋常でない事態も、彼らにとっては当然であった。

「彼女を同伴し、行ってもらいたい場所がある」

だが、このような話は初めてだった。

「この子を連れて、ですか」
「そうだ。行った先で何をすればいいかは、行けばわかる」

このような、他者を同伴させて、目的も分からぬままに旅立つのは。
そんな怪訝そうな気配を感じてか、門番は幾つかのことを付け足し始めた。

「…彼女を目覚めさせる、というのが正確といえば正確な目的だ」
「…このままでは彼女は目覚めない、と」
「ああ。…見ただろう、お前も」

あの凄惨な光景を。
肉親が殺され、殺され、殺され続けていくシナリオを。

「遅かれ早かれ、目を覚ますことは覚ますだろう。しかしそれは仮初めでしかない」
「…精神的なもの、ですか」
「いや、もっと深い場所にある…そうだ、彼女の魂だ。その目覚めは、このままでは起こらない」

青年は、視線を下に動かす。
真っ青な顔で、どこか苦しそうな雰囲気をした少女。
――白かったであろうドレスは、今は血と埃にまみれてしまい、見る影もない。

「…門番」
「何だ」
「…つまり彼女は、私と同じ、なのですか?」
「…」

その、意図しているものは明確であった。
彼は元いた世界で罪を犯し、定められていた運命に誘われ、世界を超える力を与えられた。
その代償がこの仕事であり、また、その手を果てしない量の血で染めることであった。

「…さあ、」

私と同じことを、こんなに幼い少女にさせる気なのか、と。
黒い瞳は、静かな怒りをはらんで問いつめる。
まるで深海のように、ゆらりゆらりと、確固たる意識を抱いて。
だが門番は、それをそうと知りながら受け流した。

「それは、君が見てくるものだ」
「…」
「わかったならば、早く行った方がいい…全て、君のためだ」

この無情さも、無常さも。

「…了解」


――斯くして、新しい旅は、始まる。





+ + + + +


【門番】…メイカの上司たる存在。世界を監視し、その秩序を守る者。メイカにはどうも寡黙な大男に見えているらしい。


特に語ることもないので、次へ。
[PR]
by SSS-in-Black | 2009-02-28 20:53 | 【etc.】

【100-36】船出


人生は、大きく転換する。
常に、転回の危機を孕んでいる。


「早くお逃げなさい、×××!」


運命は、大きく揺さぶられる。
常に、崩壊の予兆を察している。


「貴女は悪くないのよ! だから、お逃げなさい!」


世界は、大きく展開する。
常に、終末の時期を望んでいる。


「×××! さあ、貴女なら、ここから、出られる、から…!」


彼女は、信じることが、できなかった。


「さあ、早く、はやく…!」


嗚呼、なんてキレイな色をしているのだろう。


「逃げてちょうだい、×××…!」


なんてキレイな、赤なのだろう。


「私の、ことなんか、忘れて頂戴…!」


夕日、業火、血溜まり、お母様のドレス。


「×××…」


その赤は、彼女の意識を浸食してゆく。


「逃げ…て…」


嗚呼、なんてキレイな、滅びの色をしているのだろう。


「あ…あぁ…」


白い母親の顔を過ぎるように流れる、一本の血の筋さえ、愛おしい。


「×…××…ね、にげ…」


ぽちゃり。


「…」


代わりに、聞こえてきたのは、軍靴が荒々しく床を踏み、蹂躙してゆく音。


「 」


硝子が割れた、きっと二階の子供部屋で――私を、探しているのだ。




そう気づいた瞬間、漸く、彼女は叫ぶことを思い出した。




警鐘のように木霊する声を受け止めるのは、誰であろうか。


「 」
「 」
「 」
「 」


聞こえる会話も、近づいてくる会話も、聞こえない。


「!」


突然、背後にあった抜け道へと繋がるクローゼットが開く。


「早く!」


幼い頃、悪戯で兄とここで遊んだら、いつもは優しい母に酷く怒られた。


「ねえ、君! 早くしないと、早く逃げないと!」


母が取り乱した姿を見たのは、その時と、今日だけであった。


「ほら!」


ああ、そこへ入ったら、またお母様に怒られてしまうわ。


「 」
「 」


そうでしょう、お兄様…二階にいらっしゃるはずの、お兄様…。


「…っ!」


細い身体に、衝撃が走った。
そのまま少女は、臨界点を突破した意識を、手放した。




















「…はい、恐らく貴方の言っていた少女を。…ええ、ええ。…」


翠の海を、その船は滑るように走っていた。


「今は、気を失っています。…目覚めるか否かは、わかりませんが」
(…目覚めてもらわないと、困るのはメイカ、お前だぞ?)
「それでも構いませんよ。…一体この子に、何をさせようとするのですか」


青年はその舵を取りながら、どこからともなく聞こえてくる上司の声に応答していた。


(私にも解らない。…刻がくれば、きっと彼女自身が気づくだろう)
「…」
(兎に角、一度帰ってきてくれ。話はそれから、ゆっくりしよう)
「…了解」


そう言って、彼は静寂そのものとなった翠の海を、駆けるのであった。





+ + + + +


予定狂いました、すんません。
ちょっとササミのターンは放置。というより、一旦休憩に。

ちまちまこちらも進めていきます。
[PR]
by SSS-in-Black | 2009-02-26 16:02 | 【100 title】
「梨乃さん」
「なあに、もしかして大地君と連絡ついたの?」

寮で生活する生徒は、ざっと百人ほど。男女比は半々といったところか。
その生活を慈愛の微笑みで見守り、時には厳しく諫めながらも、切り盛りしてゆくのが寮母である坂口梨乃の勤めだ。
だが流石に、食事だけは一人では賄えない。というわけで、食堂では何人かの人影が立ち回っていた。
そのうちの一人、暗い天然の赤毛を軽く一本に結った青年と目が合い、葵はらしくもないが動揺してしまった。この学園の住民達は基本的に整った顔立ちをしているため、慣れたというのもおかしい話だが。
格好良かったり、逞しかったりする同性には、確かに憧れる。が、それをも凌駕した女性的な、更には中性的な要素というものに対しては、憧れ以上の反応を示してしまう。

「こら、遊ばない。
 …で、どうしたの?」
「あ、はい。多能先生が、電話をかけてもらいなさい、と」
「?」

これだけでは、わからない…葵は重大なフラグをまだ立てていなかった。
それに気づいたから良かったものの、一歩間違えば何処かの歯車が途端に狂い出しそうな行為。
果たして彼らが何により、何を思っているのかはわからない。でも、電波により繋がった『向こう側』は、まるで戦地のような鋭い空間。
きっと、想像を絶するような何かが起こっている、はず。
こんなにも暑い、熱い部屋であるにも関わらず、薄い背中に滴る汗は氷の如く。

「『メメント・モリ』って言えば平気だって…」
「…。時間になったら食べさせはじめていいわ、私は抜けます」
「了解しました」

青年の応答を背中で受け止め、梨乃は葵の手を取り――むしろひっ掴み――食堂を後にする。
向かうは生活棟の心臓部、一階に設置されたカウンター。
小さな事務所のような佇まいが、その奥に確認できる。

「初日から大変ね…っと」

白いボディの、いわゆる職場にある電話。
プラスチックの無味乾燥さに手を伸ばす、くるくるのコードが持ち上がる。

「連絡先と内容は」
「事務室に、一般教科棟と生活棟の間にある階段の封鎖を…と…」
「? どうかしたかしら」
「いえ、あ、あの…」

葵は当惑していた、彼女のすぐ脇で。
それはきっと、高一にもなって手を繋がれている件について。
またそれが、あまりにしっかり握られている、むしろ手放す気すらない件について。
疑問と相談の渦巻きが、ぐるぐると言葉にせずとも伝わってしまったのだろうか。

「あのね、こんな場所で悪いけど…可愛い男の子って、宝だと思うのよ」

コール音が切れたのも、丁度、狙ったかのようにそのタイミング。
なんともおいしい賢母であった。





「はい、事務です。…ええ、はい…」

彼女はボールペンでささっと何事かを書き連ね、目の前にいた女性にそれを差し出した。
只今、軽くお茶の時間。事務のカウンタ、受付窓の中と外。
中から差し伸べられたのは、桜色のメモと桜形の茶菓子。
それらを外で受け取ったのは、等身大の日本人形。
まだささやかに湯気が揺れ、鼻腔を擽る日本茶の芳香。

「…ん。わかった」

ひらりと手を振り、了解の合図。
それに返して、深窓の令嬢。

「今、高殿先生が現場に向かわれました」
『ありがとうございます、東海林さん』

東海林流と、彼女は名付けられている。
そのせいか、目に留まるのは丁寧な仕草。ひとつひとつが流れるように。
どこまでも明瞭な水面の輝き。何も歪めず、伝えきる者。

「じゃあ、また何かありましたら」
『はい、ではでは』

どうやら酷く急いだ様子、彼女らしくもない切り方。
それには全く気を留めず、流はふいに長く息を吐く。
とうとう、きたのか。
川の全貌も見渡せぬ侭、遂に探検は始まった。





男が一人、男と言っていいのか怪しい人物が一人。
二人並んで、凸凹と。…ご察しの通り、凹の方は晴章だ。
トレードマークの黒いマントに身を包み、掛けた眼鏡は猜疑に曇る。

「…もう」

まるで子供が、駄々をこねるかのように。
ないしは、それを見咎める母親のように。
彼は明らかに怒っていた、ぷりぷりと。このあたりが彼が彼たる由縁である。

「まあまあ、阿倍野先生」
「そういう在原先生も、腹の中じゃ何考えてるかわからないじゃないですか」

さて、凸な男なのである。
晴章と比較すれば、当たり前だが背丈は高い。しかしそれを抜きにしても、なかなかな長身の持ち主な様子。
ぱっと見、そしていくら観察しても、聞き出さない限り国籍が不明な外見。西洋とも東洋とも、色では白黒つけがたい。
そちらにばかり気をとられ、黒いスーツの上着の丈が、やや長めだという事実に気づく者はどうやら少ないようだ。

「あはは、ありがとうございます」
「…ほめてませんってば」

ナイスツッコミ。
ありわら、と呼ばれた男はからから笑う。

「いいじゃないですか。女にうつつを抜かした男ほど、外部から頼れない奴はいませんよ」
「でもそれは、男に限らずね」

待ちかまえていたのは日本人形。
黄色の系統で染められたエプロンは、更にその上から幾重にも模様が重ねられている。

「高殿先生じゃないですか。…仕事帰りで?」
「ええ、単純な結界を張りに」
「ご苦労様です」

ぺこりと小さいのが礼をすれば、マントがくにゃりと可愛く揺れる。
よしよしと大きいのが撫でようとすれば、マントの奇妙な所が伸びて、それをぺちりと叩いてみる。
…思考の中身が云々、以前の状況だ。

「まあね。でも、しがない一美術教師としての責務を果たしたまでですよ
 お二人はこれからどちらへ?」
「ちょっと食堂まで。一緒にどうです? 面白いものが見られるかと」
「面白いものねえ…」

高殿廻、年齢不詳の日本美女。
彼女の視線の先には、何故それを浴びせかけられたかわからない阿倍野。
大丈夫、君は十分面白いものだ。

「…行きましょうか」
「はい」





「『バベルの無限階段』、かあ…」
「ええ。…私としては、まだ存在が掴み切れてないんだけど」

こちらは待機組。
かかったままの携帯を机上に、水城と洋輔は食堂の一番端の席に座っている。

「確かにね…元はといえば、それこそ神話の出来事だし」
「そうそう。それがいきなり、こんな日常に出てくるなんて…」
『あり得ない話、じゃないんだよ』
「「!」」

携帯から、声が聞こえた。多能だ。

『だって、現に存在してるじゃないか』
「先生、私はそんな言葉遊びをしたいわけじゃ…」
「いや、言葉遊びじゃない。むしろ、言葉は大切なものですよ」

今度は、頭上から。

「どーも」
「…」
「…ど、どうも」

のぞき込んできたのは、仮面の男。
…見るからに胡散臭い。

「あ、お早いですね八雲先生」
「ういーっす。阿倍野先生も、在原先生も」

仮面は、八雲、というらしい。
テーブルの周囲が、段々奇人変人の集まりになりつつある。

『ああ、来てくださいましたか』
「とりあえずなんとなく状況はわかりましたけど…そちらはどうです?」
『別段パニックにも陥ってませんし、なんとか』
「それはよかったじゃないですか」
「…楽観視はできないけどね」

水城と洋輔、最後の希望。
現れたのは、等身大日本人形とも呼べそうな美女――高殿廻。

「…で、謎解きはまだなのかしら?」
「蒔夜さん。…焦っても事態は変わらないかと思って、まだ…」
「でも、どうやら『向こう』の方々は気づき始めてるみたいだけど」
「…」

阿倍野は、机上に置かれた二つの携帯電話を見た。
そのスピーカーから、流れてきたものは。





「この世界は、俺たちが考えているほど簡単じゃない」

灸は、語り出す。

「この世界には、未だ暴かれていない、そして暴かれることのない闇が、未知が存在する」

それは、人間の手には負えない代物。

「それでも、その混沌の存在に、人々は昔から挑み続けていた。
 精霊使い、魔術師、錬金術師、陰陽師、占星術師…太古の時代より、戦いは続いていた」

そしてある時、一人の魔法使いが、その混沌を操り、利用する力を偶然手にしてしまう。

「『死霊秘本』。
 …その本は瞬く間に、イスラム世界からキリスト、ユダヤ世界に広まり、そしてその内容から焚書や発禁、禁書目録への登録が行われていった」

ところが、運命の女神とは、気まぐれな存在であった。
その本の内容は読んだ者の口から口へ、また暗号化されて別の本へ、さらにはあらゆる弾圧をくぐり抜けて、本の形そのままで残ったものまで存在していた。

「その間で、人々は気づいたんだ。…『混沌に名前を与えれば、それは秩序を有した形になる』と」
「まあ補足しておくと、混沌を利用する方法が段々解ってきた、って所かな。魔術体系の基礎が出来つつあったっていっても同じだけど」

縁のフォローに、灸が頷く。

「その基礎を基盤に、世界各地では秘密裏に、今日まで魔術の系譜は続いている。
 …まあ、国によっちゃそんなに秘密裏でも何でもない感じがするけどな、イギリスとか」
『…アレイスター・クロウリーですか』
『そうそう。まああれは特例の内の特例ですが』

電話の向こうから、洋輔と八雲の会話が聞こえる。
二十世紀最大の魔術師にして奇人変人と言われた彼は、意外と最近まで存命だったそうな。

「近現代の魔術師、かあ…」
「というより、まだいまひとつ事情が飲み込めないのですが…」
「まま、柳も大地も聞いてろって。まだまだ先があるんだ、この話には」

混沌を屠るために生み出された、魔術。
しかしその根源も素はと言えば混沌であった。

『…『混沌』という話を聞いたことがあるかい? 荘子の寓話なんだけどね。

 在るところに、混沌がありました。
 彼はあるとき、二人の客人を迎えて、それはそれは丁重にもてなしました。
 そこで客人たちは、混沌に対して何かお礼をしようと思いました。
 二人はお礼として、数日間をかけて目を、鼻を、耳を…そのための穴を、開けてゆきました。

 そして最後に、混沌は死んでしまいました。…』





「つまり、混沌という本来ならば名状してはならないものに、私達は名前を与えてしまった。
 元々が無謀の塊ではあったのですよ、混沌に混沌で立ち向かおうなんて。
 最初にこの原理を発見した、例の本の著者は、真昼のダマスクスで混沌に喰われて死にましたし。
 …『好奇心は猫を殺す』なんて、よく言ったものですよ」

先ほどまで押し黙っていた在原が、口をつと開いた。

「おかげで人々は、さらなる混沌へと足を踏み入れてしまった。…そこは、泥沼であると知らずにね」

人間による混沌の殺戮、冒涜が呼んだ、新しい世界。
それは光ではなく、闇そのもの。

「人間に対抗しようと、復讐しようと、混沌は人々に危害を及ぼすようになった。
 特にその被害が大きかった地域には、様々な鎮神のための建造物が造られることになった。
 …ここもそういった場所でしてね、まさにこの校舎が混沌を封じるための構造をしているのですよ」

五角形を描く校舎。
その頂点を結ぶように張り巡らされた呪いは、五芒星を描く。
それは中国の五行思想に基づいた、完全なる封印の魔法陣であった。

「だから、あの森は立ち入り禁止なのです。…一部を除いてね」
「一部…と、いいますと」
「ああ。…彼の森に、定期的に魔法陣を描き直して、それを監査する人間以外」





「…一発目、始まったみたいですね」
「…」

こくり、と頷く少女に、御仕は温かなミルクティーが入ったポットを差し出す。

「『バベルの無限階段』ですか…」
「…」

黙々と、それを小さなポシェットに入れて。
黒地に金ボタンの、クラシカルなロングコートに身を包んだ静火は、最後にマフラーを巻いた。
まるで儀式めいた、それこそ出陣前の軍人の顔を、彼女はしている。

「…御仕さん」
「? …ああ、もうそんな時間か」
「行ってきます。…普段より、強めに張っておいた方がいいですか?」
「…状況次第だね。君の判断に任せるよ」
「わかりました。…では、行ってきます」
「ええ、気をつけて」

彼女が開いたドアの向こうには、まるで飼い主の来訪を心待ちにしている猫のような、しかし猫にしては大きすぎる動物が横たわっていた。

「…行きましょう、ツァラ」





ただいま! 帰ってきたよ!
リハビリ的なテンションで文章を書いていくことになりそうなので、更新はかなりちんたらしそうですが…。
とりあえず口調を忘れすぎて泣きたい。がんばるよ!

あといつから私はシリアスラヴァーになったんだろう。おかしいなあ…。

次回辺りに、バベル編は完結させたい気分であります。

[BGM:クラシック諸々(ワーグナーとかアマデウスとかゲルマン系多め)]

 
[PR]
by SSS-in-Black | 2009-02-26 11:11 | 【School】

【100-35】旅人

そこに、旅人が現れた。

彼は血溜まりに倒れる男女を見、男の方に近寄る。


「しっかりしてください、レオン殿」


右手には杖を抱き、左肩には精霊を乗せて。

メイザスは、重傷を負ったレオンの傷口に手を翳した。


「フク、転送用意を」

「わかった」


フクは主の肩から飛び降り、二人を囲むようにくるくると旋回を始める。

その足跡が円となり、その重なりが陣となる。

一方でメイザスは、手に仄かな光を宿していた。

口から紡がれる言の葉は、どこか異国の響きを湛えて。


「…そうだ」


詠唱を完了させ、右手で光を掴んだまま、今度は杖の先に光を灯す。

――それは、嵐のような凶暴な色をした光。

掌の光とは真逆の力を持っていると、誰が見ても直ぐにわかってしまう。

思いついたように彼はまた唱え始めて、呼応して灯された光も凶悪になってゆく。


「私は、あまり女性の、それも遺体を傷つけようなんて思いませんけど、」


それが契機となって、


「でも、今回ばかりは許してくださいね。…容赦しませんが」


風刃が、弾けた。

彼女の周りで飛び跳ねていた血の魚も、肉の小波も全て巻き込んで。

放たれた魔術は、その遺体をずたずたに裂いてゆく。


「メイザス、『飛べるよ』」

「…。ならば、『飛びましょう』」


フクの編んだ魔術も、主の最後の了承で完成する。

沸き上がる風、吹き止まない風。

怪我人を旅人は庇うように、レオンの巨大な肉体のうち特に胴を守るように、彼は実行を待つ。

司会の片隅には、断片へと姿を変えてゆく人体であったモノ。

吐き気をもよおすようなそれも、彼にとっては別につまらないものとなり果てていた。


「行くよ!」


宣言と同時に、二人は風の球体に閉じこめられた。

風、風、風、風――部屋の中がすべて、風になるかのような勢いで。

精霊は、二人を一気に、目的地へと飛ばした。

――残されたのは、肉を切り刻む風の音ばかり。





――それも、いきなりかき消される。

降り立ったのは、一人の少女。

年はまだ若く、黒髪が黒い衣服に溶け込む姿は幻想的ですらある。

彼女は惜しげもなく大気に晒した、黒い編み目模様に彩られた四肢をそっと動かし、跡形もなくなりそうなまでに切り刻まれた血肉の元へと歩を進める。


「やられたのね、『双魚』」


唯一の例外である、絶命したそのままの表情を浮かべた首に向かって。

語りかける様子にも、視線にも悲しみはなく、むしろ憐れみが強調されていた。

それは階級的上位にある者だけが浮かべることを許された微笑。

首を持ち上げ、手を汚す絶え絶えの血潮すら忘れて、少女はひとりごちる。


「でも、貴方のお陰で『獅子』の尻尾が掴めたわ。

 これで、また私たちが彼らよりも有利に駒を進められる。

 それに…あの男は、何者なのかしらね?」


精霊の使役による転送魔法。

呪文の行使による回復魔法。

意思の使用による攻撃魔法。

全てを同時に、為してしまう程の力量。


「嗚呼…楽しみね、『双魚』」


少し間を置いてから、補うように「だったモノ」と付け加えて。

少女の口から覗いた赤い舌が、まるで蛇のように、艶やかに身震いした――。





+ + + + +


【異国の響き】…正しく言えば「異世界の響き」。メイザスの使う魔術には異世界の律を取り入れたものも存在する。

【少女】…かつてスザクやサイレスに道を示した少女と似ているが、違う少女。

【意思の使用による攻撃魔法】…フクの加護を受けた杖の能力を引き出し、放つというある意味荒技。


久々に(ry

やりたいことができました。
『40』まではさくさくいきたいです。
[PR]
by SSS-in-Black | 2009-02-02 20:09 | 【100 title】